プロフィール

アゴイ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

04 | 2018/05 | 06
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ソフトテニス界の放浪詩人アゴイ!のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
銀杏の食べ過ぎ
 (いささかしまらない話ですが)
 銀杏の実を割るペンチみたいなものを生協に注文、使ってみると、早い早い、あっという間にどんどん割れます。
 夕食のあと連れ合いが「銀杏食べる?」と聞いてくるので、「食べる、割るから炒ってくれ。」

 で、テレビ見ながら、銀杏を計30個ぐらい食べたのです。
 今、お腹がふくれ、胸焼け中です。
 自家製の食料は我が家は栗の他、これ。
 
 庭の銀杏の大木から落としたり、拾ったりして臭い果肉を落とし、洗って乾かして、やっと口に入るしろもの。
 我が家の秋の醍醐味。

 食べ過ぎるとこのざま。しまらない話。

(今週の出来事)
 水曜は例会日、集まってきたのは8名。その日例の教頭先生がいないので、私が主導で2本打ちでクロスとストレートに打つボール出し、約10まわりぐらい。次にボレーとスマッシュの2本打ち、これまた10まわり。合計約280発。
 かごのボールがいつまでもなくならない。ふー!
 新品ボールが補充してあって、さらにきちんと空気が入れてあって、
一人でかごからボールを同時に2個取って、打つ。気持ちいいなあ。

 最後に左クロスから、ローボレーの1本打ち練習。これは約70発ぐらいか。
 
 サーブ、レシーブのあと試合。8名が2面展開?なので休みなし2試合。前衛役。中学で経験ありの若いお母さんと組んで、2勝。

 疲れましたよ。しかし、快調。

(非日常の姿勢)
 ソフトテニスは、打つ動作より、腰を落とすという姿勢が、日常と違うなあ、と実感。
 日常は座るか、立つか、歩くか、少々走るか。いずれも腰は伸びている。(座っている時は腰に負担はない。)が、小腰を落として移動すると言う動作は非日常的。
 これが、身体全体の負荷となって、打つ動作とからまって、運動となっている。

 その証拠に、翌朝は太腿筋と腰筋が固まり気味。私の場合はそれが細胞活き活きの元。あれほどボールを打ったのに、腕は無事(少々痛いけど)。
 不思議と言えば不思議。

 考えてみると、なんともおもしろいスポーツを身につけたものです。
 これこそ「体にいい」。
 
(身につけたで思った)
 技術という言葉をスポーツで考えると、本当はすごいことなんだ、と思うなあ。
 大工さんは一日8時間働いて、1年も親方について見習い修行すると、大事なところは監督が入りますが、家一軒建てるような技術が身に付きます。 
 ソフトテニスの技術は、まあ時間が限られますが、3年たってもそのような特殊な技術という地位は社会的に認められない。と言うのが常識です。
 まあ、いわば軽く思われる、扱われる。何か生産するわけでもなく、遊びの技術であるから、ということ。
 しかし、3年やった人は、何もしない人より、はるかに特殊な技術と体力を身につけているわけです。これはもっと社会的に尊敬されるべきではないのか。

 どうも日本ではこのことを深く考えることがなかったように思います。他のスポーツでもおなじですね。プロがいるスポーツでも基本的には同じであるようです。表面は華やかなあつかいですが。

 「本人」も社会全体も、そのスポーツの技術も体力も創り出した体型も、そして文化も、たいしたことではないと思っている。
 だから、粗末にあつかうような。

 チヨコさんも、その点をソフトテニスを通じて、研究しているのですね。そう理解していますが。


 つれづれに書きました。
スポンサーサイト
【2006/11/11 00:06】 | 刺激的な日常生活 | トラックバック(0) | コメント(2)
<<一家集合 大分の地 | ホーム | 高校新人団体戦観戦>>
コメント
アゴイ!さん、おっしゃる通りです。
最近は大学院報告もままならないのに、よくそこのところを理解していらっしゃると感心しました。

日本人のなかに「スポーツ文化」を享受するという姿勢はなかなか生まれない、根付かない、定着しないのですが、それは日本における「体育」の概念に由来するものであります。

書けば長くなりますので、ブログに書けるように頑張ります。
【2006/11/11 09:35】 URL | チヨコ #-[ 編集]
 半わかりかも知れませんが、「体育」
の概念ね。
 常にこのスポーツはなんのために、と言う面が追求され、体育(身体を鍛える、強くする。)のため、と言うわけでしょう。
 スポーツそのものの楽しみ、おもしろさが追求されなかった、とは極端ですが、それに近いものがありますね。

 日本近代の悪しき伝統の一つでしょうか。自分でもよくわかっていない?!整理しえていない。(笑)

 
【2006/11/12 21:30】 URL | アゴイ! #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://bridgeagoi.blog10.fc2.com/tb.php/147-5d1e5522
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。