FC2ブログ
プロフィール

アゴイ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

06 | 2007/07 | 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ソフトテニス界の放浪詩人アゴイ!のブログです。
全日本実業団選手権大会 その2


 画像は真新しい天幕、眺めのいいところにあり、助かりました。この中にイス付きバッグを据えて、観戦。

(ヨネックス準々決勝)
 は、ナガセケンコーとの1戦。
 1番目、残念ながら、ヨネックス調子が今ひとつ。前後衛ともバッドチューニング(波長が合わない感じ、、失礼)。0-4。

 2番目、長、緒方選手登場。これも今ひとつ乗り切れず、ミスも多くて、自滅気味。

 ただ、緒方選手、左ストレート打ち合いを見事見抜いて、ランニングボレーを決めました。美技にどよめきが起こり拍手拍手!

 ちょうどそれが正面に見えながら、瞬間を撮り損ないました。
 あとでねらったのが、その1での画像です。

 しかし、1-4の敗戦。ここでヨネックス敗退。ざんねーん!20070729223256.jpg


 (サンライフの佐藤さん)
 掲示板でも話題になっていた、佐藤選手。リーグ戦終盤の要項を見ると一番すみのコートでやっている。駆けつけると、ちょうど最後の1本でした。
 ちょっとお疲れかな、との印象。なんと3-4の敗戦。

 まわりの人に聞くと、いい試合だったとのこと。

 サンライフ(京都)は、ユニフォームがカッコイイ。
 画像は準決勝こちらサンライフ対東芝姫路戦。
 肩を全部出したワンピース型。向こうの前衛は上嶋選手。

 見事に日焼けしてました。このスタイル賛否あるだろうが、選手にとって動きやすければそれでいいと思う。外見は十分にかっこいいし、カッコイイだけの技術を持っているから。

 (男子へ目を転じると)
 NTT広島が準決勝で大鹿印刷に敗退でした。立て役者は日体大を出たばかりの古賀君。最初ミスが多く、剛球が浮き気味だったのが、中盤から決まりだし、確か4-3の勝ち。
 次の番手も、接戦これまたもつれにもつれ、4-3で大鹿の勝ち。

 3番目に出る予定だったのか、中堀、高川組がアップしていて、出れない悔しさをにじませながら、あいさつに向かう姿が印象的でした。20070729223409.jpg

 画像は男子の試合。決勝。大鹿印刷対東邦ガス。

 決勝も見所満載でした。
 まず、1番目大鹿の古賀君が最高潮。しかし、アクシデント。足つりらしく、5分中断。さらに1セット後、足つりで中断。
 完全にばてているが、気力で勝負している。
 息詰まるような熱戦でした。若さで勝利!
 試合終わって、向こうのコートからよろよろとベンチに引き上げて来た古賀君が、歓声に力無くにっこりしたのが印象的。

 2番目、これまたミスのほとんど無い、取り合い、奪い合い、仕掛け合いの、うなり放しの試合。僅差で今度は東邦ガスの勝利。

 3番目、少しこれは大鹿印刷に分があったか、勝利。初優勝に飛び上がって喜ぶもの、大歓声に、コートに倒れ込むもの、泣くもの、大騒ぎでした。

 (女子はNTTドコモ四国)

 サンライフが勝つかな。予想はしたのですが、こちらも接戦でした。
 佐藤さんは、トーナメントに入り、かなり活躍しました。とても16歳には見えません。じっと観察は出来ませんでしたが、堂々として、しかもちょっと老練な動きも見せて、完全に実業団にとけ込んでいる、と言う感じ。
 人気者ででかなりの観客を集めていました。

 あー全然別のことですが、3年前NTTドコモ四国カップで、松山に住む私の長男が優勝しました。え、何の競技かって?残念ながらソフトテニスではありません。以前ブログのどこかに書いているかも。

 (試合が終わったので安心して)
 目の前に優紀さんが来たので、声をかけました。画像を使う許可を得ていないなあ。ま、有名人だからゆるしてね。
 
 足は完全ではない様子と観ました。違うかも知れません。
 再起を祈ります。

 (生きる力をもらう)
 なんと大げさな、と思われるかも知れませんが、私にとって、このようなすばらしいプレーを観るのは、力になります。

 夕日の中、大分道の草原の中の高速道路、美しい風景を見ながら帰りました。

 さて、インハイに行くぞ!
 
 このレポート終わります。
スポンサーサイト
【2007/07/30 21:29】 | 観戦記 | トラックバック(1) | コメント(5)
全日本実業団選手権大会その1
20070729223154.jpg

画像は緒方優紀選手 対ナガセケンコー戦

(大分まで2時間のドライブ)
 なにしろ、九州山地を越えてゆくのですが、途中有名な日田市、湯布院などあります。高速道路で行きます。
 我が町から往復約380キロ。
 朝5時起き、6時出発が出来ました。
 
 大分米良という大分道ICで下ります。
 体調も快調となりました。
 駐車場も完備。

(開催要項はもう無いのですか?)
 本部席に行くと、大きな大会の名物の開催要項の売り場がない。
 競技2日目なので無くなったかな?
 
 まあ、念のために聞くか、と
 私「開催要項はありませんか?」
 本部役員「キョトン、、、、、ドローのことですか?」
 私「そう、まあドローともいうのかな。それです。」
 役員「もうありません。」
 
 私、すごすごと引き上げ、テントの下でカメラの準備をしていると
 別の女性の役員がやってきて、
 「総合受付にあると思いますので、行ってみてください。」

 100mほど離れた倉庫みたいなところに、とぐろを巻いているような4,5人の役員に、おそるおそる、あのー開催要項は残っていませんか?ジロリとこちらを見た人が、段ボール箱から出してきた。
 
 何冊必要ですか?
 ときたもんだ。こちらは有料と思っているので、
 
 いえ1冊で結構です。お代は?

 え、お代?手を横に振り、これは無料です。

 はあーそうですか。ありがとうございました。

(国体リハーサル)
 私がテントに帰ってくると、キョトンの役員がやってきて、
「先ほどは失礼しました。こちらに何部か置いておけば良かったのですが、1日目の結果をあちらに置いていますので、どうぞ取っていってください。」
 私「いえいえ、お気遣いありがとうございます。たいへんですね。ご苦労様です。」

 国体リハーサルを兼ねたこの大会なので、役員もいろいろ気を使っている、2008年の国体会場だそうな。

 まあ、しかし、まったく選手団と関係ない観戦者は来ないとでも、思っていたのだろうか?

 売れば500円でも買うのにね。無料でもらったのは久しぶりだ。

(ヨネックスチーム)
 実は実業団対抗戦を観るの初めて。
 緒方優紀ファンクラブメンバーとして、優紀さんが公式戦に出るとあっては応援しなければ、一分が立ちません。

 すぐ2日目のリーグ最終戦が始まり、対枚方信用金庫B戦。
 格の違いでしたが、、、
 メモから、
 1番目ヨネックスペア、前衛は決定力にやや欠ける。が基本は良くできている。後衛は動き抜群、前衛を良くフォローする。4-1.
 2番目前衛緒方選手、格の違いあり、最初からチャンスボールが来るので、ぼこぼこ打つ。前半後衛ちょっと面がおかしかったが、後半はおちつく。4-0.
 3番目、力の差あり、相手が抵抗することなく自滅。4-0.

 などと書いています。

20070729223323.jpg

画像はボレーを決めた優紀選手。

つづく。
【2007/07/29 23:30】 | 観戦記 | トラックバック(2) | コメント(3)
母校統廃合
 (来るべきものが来た、でも)
 
 私どもの町は熊本の北はずれです。田舎ーという感じですが、実は交通の便の良いところなのです。
 九州が道州制になれば、州都にでもなりそうなところなのです。
、、、いやいや、なりたくはありませんが。

 が、1年前から高校の統廃合で揺れています。

 我が母校、かっては800人も在籍し、定時制高校まで合った高校は、今は240人程度、寂しい限りです。

 (県からの説明会)
 町対策会議の主催で昨夜は統廃合の説明会でした。
 黒服にネクタイ、教育バッジを付けた県教委役人が6人ずらりと前に並び、説明会。

 学校統廃合のするがわの理論は、変わりません。小規模校ではいい教育は出来ない、とか。この通信手段と交通環境がこれほど発達している現代なのに、昔と変わらぬことをあれこれ言ってる。
 あるお年寄りが言ったことがじーんと来ました。

「教育と言うことを全面、前面にだせば、どういう方法だってあるじゃないか!」

 (質問要望途絶えず)
 午後7時半から始まった説明会、10時を過ぎても終わらず質問、要望、抗議の連続。

 アメリカから学生を連れて急遽帰国した大学教授の女性(卒業生、友人)は、対案を出して圧倒。学生さんには日本の民主主義の現場学習が出来たようです。(学生さんは日本語学科)

 (例会さぼって参加)
 久しぶりのソフトテニス例会日だったのですが、母校の危急存亡の時、孫子の旗を持って(うそ)参加。私も発言。

 概して、1回目ということで、向こう側の教育論にもいろいろ不備があり、正面攻撃もできるし、実は県の財政問題なのですが、ひたすらそれを出そうとしない姿勢が、返って無様な答弁になっている。

 県は新幹線、川辺川ダム、水俣病など未解決の問題が山積。

 我が町は、産廃処分場の問題とあわせ、また参院選と重なって、正に政治の季節。
 
 午前1時まで、我が家で主催者の反省会でした。アメリカの友人も学生さんも来てくれました。

 あーまたソフトテニスを観に行かれない。
 
 でも、我が町の人々がますます好きになった。すごい意見がたくさん出たのです。田舎と思ってなめるなよ!

 
 少々眠い。さて、明日に向かって立ち上がろう!

  
【2007/07/19 07:42】 | 刺激的な日常生活 | トラックバック(0) | コメント(2)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する