FC2ブログ
プロフィール

アゴイ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

06 | 2005/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ソフトテニス界の放浪詩人アゴイ!のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
アゴイ!の高校時代の物語 その2 スランプ
 (スランプ1年間)
 もっとも困難で、悩める1年が来ました。スランプの時期です。
高1の夏が過ぎると、私は練習のときはなんでもないのに、試合になってくると、ボール恐怖症と言うか、身体が硬直するようになり、まともに打てなくなりました。
 腕が縮こまり、打てば打ち出し、ネットを繰り返すようになりました。今で言えば一種の神経症、心身症なのでしょうが、身体はいたって健康、ただ勝負をかけた試合で硬直するのです。
 悩みました。なぜ?なぜ?
 とうとうレギュラーもはずれ、誰も組んでもらえず、ただももくもくと練習するのみ。
 
 今なら、カウンセラー相談、休養、などなどやるところでしょうけど、そのころは、練習で治す、と自分でもそう思っていました。
 
 高2の春も過ぎて、試合に出ればもちろん1回戦負け。無様な試合しか出来ず、高2ではインハイにいけるかもしれないと、入学当初、夢中で練習したことが夢のようでした。

 でも、そのまま練習は続けました。またパニックになるのではないか?不安が付きまとい、でもソフトテニスをやめることがなかったのは団体で何とかインハイに行きたい、この仲間で行きたい、と3年がかりの夢があったからです。
 中学時代まったくやっていなかった、二人の非常に運動能力に優れた同級生が大牟田市で行われた秋の近県大会個人で準優勝しました。そして親友の相棒、そして後輩2人、みな伸びてきていました。このチームがまとまれば勝てると密かに思っていました。

 やがて高2の秋、空が晴れるように長い長い1年のスランプは終わり、大学生の先輩から教えてもらったサーブを武器に、ただただ自分はつなげればよい、と悟りました。サイドパスは1試合2本と決め、1本とて同じ場所に落とさない、もうこれは決意でした。自分は弱い、うまくない、だから相棒を徹底的に頼る。

(相棒のこと)
 相棒の弱点は身長156CMから、ロブで頭の上をオーバーされることでした。よく話し合い、その対策を練習しました。「おい、今から50本やろう。」とバックで返す練習を繰り返し、今でも逆ストレートでバックで流す打ち方は好きです。
 相棒はスマッシュがうまく、追いつけば必ず決めてくれました。
 
 秋の県大会は別の前衛と組んで16本でした。先輩から「なんだ16本か。」と言われたのが悔しくて、さらに練習しました。

(生徒会長)
 そのころ、生徒会長立候補の話がありました。生徒会顧問が体育の教員で、こちらはとんでもない、出来るものか、断ろう、と顧問室へ出かけ、次のせりふを言いました。「来年、インターハイに団体で行きます。行ければこの学校始まって以来になります。その主将としてチームをまとめ、勉学、ソフトテニスの2つがせいいっぱいで、会長は出来ません。」
 
 顧問は「そうか、わかった。インターハイに行くか、がんばれよ。」
よほど顧問は感激したのか、職員全部に「あいつがインターハイに行く、とはっきり言った。」と触れ回ったらしく、他の教員からも激励を受けたりしました。
 そのころ、田舎の生徒で、このようにはっきり言い切るような子どもはいなかったのです。実績もないし、どうなるかわからないことを言うのは、もしも失敗したら、と考えると、言えないし、また出来もしないことをぺらぺらしゃべるな、不言実行と言う風潮がありました。
 しかし、本音を言えば、会長立候補を断る口実でもあったのは確かでした。
 
 以下次号 
スポンサーサイト
【2005/07/29 21:34】 | アゴイの少年時代 | トラックバック(0) | コメント(0)
101の質問 その3
其の41 試合をしていて恥ずかしい思いしたことある?それはどんな思い?
*カウントを間違え、自分ひとりチェンジコート、ぼんやりとみなが動くのを待っていた。審判もジャッジペーパーを目を白黒して確認して、しばらく試合ストップ。私以外のものが相談して、「あのー」と言ってきた。

其の42 一つだけ他人に自分の技を伝授できるとしたら?
*サーブかなあ。でも形だけです。

其の43 逆に伝授してもらいたい技は?
*無理だが、ひきつけて打つストローク。

其の44 好きなウエアのメーカーを教えて下さい?
*すき嫌いなし。(興味がないのかな)

其の45 バイザーと帽子、どっちが好き?
*もちろん帽子。薄くなった後頭部の表面を紫外線から守り中身を高温と衝撃から守るために(なんかのCM風)。

其の46 公式戦、一日何試合が最高?
*7試合だったかな。

其の47 練習は質より量だ!
*いいえ質です。

其の48 家で素振りをしていますか?
*今はしません。

其の49 彼氏彼女、旦那奥様はもちろんソフトテニスプレーヤーだ!
*親族には息子、弟夫婦(調布市在住)がやっています。他はなし。

其の50 やっと半分です。これまでの感想は?
*よく考えてありますね。自分が丸裸になりそう。

其の51 シューズはどこのメーカー?
*今、ヨネックス、こだわりなし。他人のでも履いて帰る。宴会では警戒を。

其の52 練習(試合)のはずが雨だった?そんな時どうする?
*小雨、雨を避けて柔軟でもして帰ります。大雨、田んぼの見回り(うそ)

其の53 飲むならソフトテニス仲間と飲むのが一番だ!
*そのとおりです。

其の54 新製品のラケットは気になる?
*なりませんが、高齢者向けと言うCMは見たことないですね。メーカーはまだここに手をつけてないなあ。

其の55 本音でいうとほんのちょっとだけ硬式テニスの華やかさがうらやましい。
*そんなレベルでないので、ありません。

其の56 ソフトテニスのことを考えない日はありますか?
*ありません。一日26時間考えています。(2時間は夢の中で、2通り分)

其の57 実はソフトテニスをはじめたのはソフトテニス部に憧れの異性がいたからだ!
*残念ながらちがいます。が、はじめたらいましたが、、、。

其の58 寒い日と酷暑の日、ソフトテニスするならどっち?
*どちらもだめ、あえて言えば酷暑の日。

其の59 もちろんソフトテニスマガジンは毎月買っている。
*イエス(年間購読)。

其の60 カットサーブなんて邪道だ!
*有効(ダメージを与えることが出来るなら)なら使うべきだ!
 しかし重点はカットを打ち返す技術を研究し、そのあとの展開をどうするか練習したい。


自分を振りかえるいい機会になっています。
【2005/07/29 00:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2)
101の質問 その2
其の19 コート整備なんて嫌いだ!やってられるか!!
* いいえっ!率先してやります。が一番に息切れします。

其の20 正直に告白すると部活、チームの先輩・後輩に殴りたい人がいた、もしくはいる。
* 先輩にいましたが、死にました。(呪い殺しましたー恐)

其の21 正直に告白すると部活、チームの先輩・後輩でこいつにだったら殴られてもおかしくないな、と思う人がいた、もしくはいる。
* いません。唯我独尊。

其の22 ラケットは家の何処にしまってある?
* 車の中に常備。
其の23 BRIDGE以外にインターネットでよくいくサイトは?
* ソフォン、県連HP、地元ネット。

其の24 インターネットで検索した、ソフトテニス関係のキーワードは?
* 質問の意味不明、不知。すみません。

其の25 ソフトテニス以外の趣味は?
* 音楽(合唱団、楽器演奏),時々詩作、読書を上げときます。

其の26 練習後、試合後は絶対に飲み会だ!
* たまにはやりますが、多くない。飲み屋が我が家から半径8キロ以内に
  ありません。

其の27 いろんなチームの練習に参加してみたい?
* 出来ません。



其の28 夢の中でラケットを振って壁を殴って目が覚めたことがある。
* ラケットをまたにはさんで、空中を飛ぶ夢はよく見ます。無意識の欲求不満でしょうか?

其の29 試合した相手とすぐ親しくなれるほうだ!
* 時と場合によります。

其の30 ソフトテニス経験者だったら誰とでも友達になれる!
* 異議なし!

其の31 コートに行ったら一人でした、それでも練習できる?
* できます。ボールさえあれば、色々工夫して。

其の32 試合していて嫌な相手ってどんな相手?
* こちらをよく見ている相手。

其の33 トスでは絶対「表」を選ぶ!
* いいえ。気分次第。

其の34 風上と風下どっちがすき?
* 風上です。風が強くふくのを待ってサーブしてました。

其の35 朝一の試合と夕方暗くなっての試合、選ぶとしたらどっち?
* 夕方です。たぶんこちらが調子がよい。

其の36 クレー派?オムニ派?
* クレー派です。

其の37 試合前にするジンクスってある?
* 水ごり(信じてもいない神仏を総動員して祈りながら?)

其の38 試合中怪我したことってある?
* ありません。練習でもありません。そんなに激しくしなかった?

其の39 負け審判のときは絶対に副審がいい!
* そうですね。どなたかのように精神的にくだびれている時は、副審がいいですね。

其の40 新たに公認ウエアになって欲しいメーカーってありますか?
* フレッドペリー(は既に公認メーカーですかね。)

【2005/07/27 18:23】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0)
101の質問 その1
其の1 お名前(ハンドルネーム)を教えてください。
* アゴイ!他のサイトでジムジウ。

其の2 お誕生日を教えてください。
*1950年(昭和25年)3月14日
 
其の3 出没地、棲息地(差し支えない範囲で)
*熊本福岡県境付近、山奥に普段は棲息、時折、里の畑を荒らす。

其の4 身長・体重は?(差し支えない範囲で 笑)
*169・69(ダイエット闘争中です)

其の5  もっていればあなたのHP、ブログのカテゴリーを教えてください。もし公開してなくて、差し支えなければurl も教えてください。
*そんな器用なことは出来ません。

其の6 子供の頃何になりたかった?
*ロケット科学者と言って先生を喜ばせていた。本当はなんだったのだろう?

其の7 ソフトテニスをはじめたのはいつから?
*中学1年生

其の8 ポジションは?
*中2までは前衛、後はずっと後衛。 

其の9 ラケットは何使ってる?
*カワサキNO1エリート(20年前の)。今度白子で最新型を1本買います。ナロさんの店で。
条件 後衛用,振れば良く飛び、軽くて、グリップは手が小さいのでかなり細いやつで、デザインはど派手で目立ち、上げボールも思ったところに打てる。そんなラケットです。金に糸目はつけません(これだけはうそ)。

其の10 ボールはやっぱりエヌワンじゃないといやだ!?
*えー違いがあるのですか?このごろ赤エムをみらんですね?赤エムが好きです。(ながもてするような)

其の11 月に何回くらいソフトテニスしますか?
*月4回。

其の12 得意なプレーは?
*最盛期はサーブと中ロブ(バックで)かなあ。今はありません。

其の13 今まで一番いい成績は?
*相棒たちのおかげで、インハイ県予選団体準優勝、個人3位。この成績にしがみついて生き抜いてきました。 
 中学指導者としては団体県3位が最高です。

其の14 もう一回戻ってやり直したいなら、いつの試合のどの場面?
*悔いも恨みも落胆も挫折も、雲のかなたに消え、思い出すことはありません。(都合の悪いことはさっさとさよなら)

其の15 苦手なプレーは?
*最盛期はなし、今はプレーのすべて。

其の16 ガットは何を使ってる?
*知りません。カワサキと書いてある大巻きがありますが、
 杉さんからもらったものです。まだ10本分ぐらいあります。

其の17 ソフトテニス以外にやってみたいスポーツは?
*体調が許せばトレッキング、カヌー、競技ダンス。

其の18 やっぱりマンガは「テニスの王子さま」より「エースを狙え!」だ
*申し訳ありませんが、このマンガは本ですか?テレビアニメですか?
 見た事はありません。

其の19 コート整備なんて嫌いだ!やってられるか!!
*いいえ好きです。


すみませんでした。チヨコさん、1-19やっと出来ました。
PC上の介護状態ですね。いやいや社会参加こそ大事です。
さて今からスポーツクラブの例会です。行って来ます。
【2005/07/27 18:22】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1)
異種スポーツ観戦


 仕事仲間の女性の息子が近くの高校で野球をやり、レギュラーでセカンド。
 甲子園行き予選も準決勝となり、時間がなかったので6回から応援しました。熊本市の藤崎台球場というところで、久しぶりの高校野球観戦で、ブラスのそばで演奏まで見学していろいろ勉強になりました。
 
 相手は私の息子が卒業した野球名門校、本来だったら向こうを応援するところ、7回互いに校歌を演奏するのですが、向こうの歌をこちらで歌いそうになりました。(何回か伴奏したことがあるんで)あぶないあぶない。

 知人は一番大声を出して応援していました。概して保護者はおとなしく、男衆もつぶやくようにしか声が出てませんでした。その息子が強打を前にはじいて止め、すばやくファーストに送って危機を脱した時は、私が「セカンドナイスプレー!」と怒鳴ると、つられて、セカンドセカンドと言う大声がやっと上がるという始末。あんまり慣れてないんだな、と見て取れました。

 試合内容はこちら2点リードしていましたが,1点づつ挽回され、同点の9回表向こうの攻撃、三振2つで2アウト、「ここで油断するなよ」と思っていると、ヒット、次が4番、レフトへホームランを打たれ、さらに2本打たれて3点差。心理状態はソフトテニスと同じですね。
 その裏こちら最後の攻撃、ヒットが1本出ましたが、息子が最後のバッターとなりピッチャーゴロに倒れ、夢はついえました。

 涙を流しながら機材の片づけをする知人を見て、こちらも涙。「よくがんばったね」と一言言って引き上げました。

 炎熱の中のまさに熱闘でした。さらに日焼けしました。
 準決勝、土曜日と言うことで観客は2000人ぐらいだったでしょうか。
 応援団の中にいると試合経過はボードで見る以外方法がないということをはじめて知りました。汚い野次はありませんでしたが、少し元気がこちらなかったような気がします。

 保護者や応援団の必死な気持ちは伝わりましたが、応援の表現方法はまだまだです。「気合だー」のお父さんがいい見本ですよね。

 ではまた。
【2005/07/24 07:22】 | 観戦記 | トラックバック(0) | コメント(0)
05九州インターハイ鹿児島 その5最終回
 (イエローカード)
 えりっちさんのレスにもありましたが、この大会でイエローカードが出されるのを初めて何回か見ました。出されたシーンは見た範囲では、すべてチェンジサイドの際の1分間規定のところ。
 1回タイムズアップを言って、2回目は学校名を呼びかけ,すぐにマッチ続行の体勢に入らないと、学校名を言ってイエローカードを示していました。
 なかなか結構なタイミングであると思いました。熱中症多発の大会にもかかわらず、監督コーチが試合終盤に汗をふかせもせず、指導している。少しでも休ませればいいのにな、と思わせるシーンがあり、また、タイムズアップにあわててコートに入ると言う、繰り返し。
 
 全体的に審判は厳しくと言うことがお触れが出ていたようで、お目当てのわが町出身の子(2年ペア)が、個人戦1回戦第1試合1ゲーム目にいきなりサーブで「フットフォルト!」の警告なしのジャッジ受けました。それは仕方のないことでありましたが、ちょっとショックを受けたようで、残念ながら0-4の敗戦。

 また、ゲーム中に応援席からファーストサーブを入れろ、と言う意味で「ファースト!」なんて叫ぶと、審判が「選手に指示はやめてください」と注意していました。言われた人は「はーい!すんまっせーん。」怒鳴り返していました。

 (日焼け止め)
 2日目に日焼け止めがありません。車の中、バッグの中、捜し、恥をしのんで、本部席に行き、落し物で来てませんか?ありません。
 あー1560円もしたのに、ええい今日は日陰から出ないぞ、と思っていたのですが,そうは行かなくて、熊本よりさらに強烈な紫外線を浴びて夜はひりひりでした。
 皆様くれぐれも、日焼け止めは忘れられないように。今鼻の頭の皮膚がむけました。

 (まとめ)
 疲れました。が、知り合いが善戦してくれて、またなかなかレベルの高い試合が見れて楽しかったです。
 ソフトテニスと言う競技のすばらしさをあらためて知ったと思います。新ルールにおける戦法の広がりも見えました。いつも言っているレシーブの前衛の頭越しロブを使うのは常識になってきているようです。
 1年前にはほとんどなかったのにです。しかし、その後の展開がどうも、はっきりしません。相手が右利きか左利きか、回りこんで打った場合、バックで打った場合、どうするのか??
 出たとこ勝負みたいな感じも見受けられました。

 九州8県,8ペアずつの64ペアの個人戦、いろいろな選手がいて、あの選手は何年生ですか?あの子はいいですね!といろいろたずねて情報仕入れました。
 
 大会も無事終了、私も無事に帰着。幸福な2日間でした。
 このシリーズ終わり。
【2005/07/20 18:30】 | 観戦記 | トラックバック(0) | コメント(2)
05九州インターハイ鹿児島 その4
(優勝チーム一覧)
 この九州大会は昔私も参加しました。昭和42年(1967年)佐賀市の佐賀大学コートで行われ、私たちは男子として後にも先にもわが校始まって以来の1回きりの団体出場でした。また男子個人でも参加しました。(そのころは県4本しか出れなかった)
 
 500円で買った要項をのぞくと興味深いことが書いてあります。
 そうです、このHP主催者チヨコさんが昭和55年度の個人優勝者です。またえりっちさんも昭和61年度個人で優勝しています。(そのほかにも関係者がいらっしゃるのではないか?)
 
 私が出た大会はご両人の高校が団体初優勝をしています。このあたりから全国に名を知られるようになったのでしょうね。その翌年から2年続けて個人優勝、なつかしの宮崎吉永組、田島田端組です。
 平成10年の団体優勝のとき、個人も優勝してますが、珍しい名前の人です。野・甲斐組とあります。「野」と言うのは誤植でしょうか?
 まだまた若い人のようです。ご存知でしたら教えてください。
 
 (運命の九州大会)
 えっ、自分の成績はどうだった?聞かないでほしいのですが、1回戦佐賀1位鳥栖高校とあたり、私が不調で相棒に迷惑をかけて負けました。田舎のポット出で西も東もわからんところで、上がりもして、さんざんでした。個人も出たはずですが試合内容の記憶がありません?
 
 が、が、がーー!(じすたさん風)後日談があるのです。この鳥栖高校の学年は一つしたの女子に自分も個人に出る人なのですが、応援していた人がいました。相棒(チヨコさんもご存知の人)は2年後その人と偶然知り合い、結婚するのであります。その時はもちろんその運命を知ることもなく、二人は互いにスライドしただけでありますが(安小説風)、相棒にとって、さらに後日人生を変える九州大会であったのです。彼は私のおかげで結婚できたのであります(笑)。
 
 なんか観戦記が昔話になりました。
【2005/07/20 06:46】 | 観戦記 | トラックバック(0) | コメント(1)
05九州インターハイ鹿児島 その3
 (夜の日記)
 体調次第では、帰ればいいさ、と宿の予約はしてなかったのですが、要項に載っているホテルに予約を入れると、どこも満室。紹介してくれというと、JA(農協)の経営するホテルが見つかりました。出来たばかりのコートからも近いホテル。駐車場もたっぷりで素泊まり5000円ぽっきり。大喜びで部屋に入り、バスを使い、さて一人旅だあ。
 いわずと知れた天文館通りへ、はるばるバスで繰り出したのは、夜8時でした。
 浴衣姿の男女がものすごく多くて、大賑わい。ビールメーカーが出している露店の生ビールと大きな串かつひとつで夕食。でも通りに面していて、椅子にふんぞり返って、定点観測。ゆっくり鹿児島の人間観察が出来ました。(一人と言うのは気楽なもんだ。)
 やっぱ九州です。熊本に似てます。喧騒と猥雑なアジア的雰囲気。その後ぶらぶらと通りを歩き、タクシーで引き上げ。11時にはお休みでした。レポート中味はありません。

(応援団)
 男子で応援態度の一番よかったのは、見た範囲では中津工業です。団体準決勝、中津工業対塩田工業の試合を中津側で見たので、よく観察出来ました。生徒も保護者もよく声を出していて、それもサーブの体勢になると、しーん、とする瞬間があり、打ち合い中はつられて声は出ますが、よく集中して、固唾を呑んで見守ると言う、全員の姿勢がすばらしくて感心しました。一体となって戦っていると言う感じでした。ポイントを上げると、ウオー!と大歓声、短いですがするどい、ナイス○○!と言う声がいくつも飛び、続いて手拍子と声を合わせての応援が見事でした。
 近くの保護者らしき人に、「応援態度はこの大会で一番よかですバイ。」と言うと「ははは!それだけはまけません。」 と返ってきました。ちゃんと意識的にやっていることがうかがわれました。
 残念ながらここで負けましたが、印象に残りました。

 これに対し、決勝の試合を観戦したのですが、一方のチームの元気のなさ、後ろで見ていて、九州大会の決勝戦だぞー!しっかりせんかあ!と怒鳴りたい気分でいたら、そのチームのコーチ役の年配の先生がたまりかねて、メガホンで生徒の頭をポカポカ。「元気ださんか!」元気ださんか!」私と目が合い、私がうなずくと向こうもニコニコ。
 でもだめ、リード役の生徒の声の方が大きいぐらいで合わせる全員の声が小さくて、だめ。
 昨年秋と同じ決勝となり、そのチームやはり負けました。
 男子優勝は塩田工業高校、佐賀県の塩田町と言う小さな町の高校です。今九州ナンバーワンです。
【2005/07/19 20:34】 | 観戦記 | トラックバック(0) | コメント(3)
05九州インターハイ鹿児島 その2
 うちのマリリンさん(連れ合い)ももちろん誘って、時には関係修復じゃない、きづな結いなおし、いやいやアリバイ工作、でもない、鹿児島まで一人で車を走らせるのがもったいなくて、どう?
 鹿児島の美術館を見たい、とのたまうので、そりゃいい!わたしゃ紫外線を浴び、あなたは芸術のシャワー浴び、とここまでは2日前。
 
 明日に迫ると、案の定ドタキャン。疲れた休む、一人で行ってらっしゃい。とのたもう。悲嘆にくれるフリをして、さらに元気が出た私は、活き活きと出発したのでありました。

(撮影許可証)
 今はどこの大会でも、これが必要となりましたようで。一日目は知らなかったので、どんどん撮っていたのですが、届けが必要と2日目の放送で知り、こりゃいかん。
 あわてて、届けに行くと、氏名住所電話番号を記帳して、許可証の入ったなかなかカッコいい胸から下げるものくれました。
 あのこれ、返却するんですか?
 いいえ、お持ち帰りになって結構です。
 と係りの女子高校生が言ってくれました。やったーこれは立派なアリバイ証明になる。とは言いませんでしたが、ただでもらったお土産になります。もうかった気分。
 しかし、インターハイも撮影許可証なんて発行するんやろか?
 
 どうもパパラッチ対策上の責任逃れかなあ。一日目、許可なしに撮っていたけど、注意する人いませんでしたけどね。

(団体2回戦)
 男子は1回戦突破。鹿児島の1位と対戦。今度は大将組みは、調子よく4-1で勝利。続く2番目が敗戦。3番勝負となり、2年生ペアで奮闘、しかし2-4で敗戦。(スコアの記録自信なし)
 2回戦で敗退でした。総じてミスが多いなあ、と言う感じ。もう7月最高のレベルにならなければならない時期なのに、凡ミスが多い。

(ダブルファースト考)
 ダブルファーストからのダブルフォールトが多く、見ていてしなきゃいいのに、と思ったほど。
 レベルの問題でしょうが、ダブルファーストをするなら、最初に打ったファーストの形をほぼ変えず、ファーストの軌跡を修正して少し力を抜いてセカンドを打つ、と言うのが常識と思いますが、多用は賛成できません。後衛側へはほとんど意味なし,だと思うのであります。
 むしろ、バウンドの低い、リズムの違うセカンドサーブをもっと練習して後衛側に打ったほうが効果ありと思うのです。

【2005/07/18 23:17】 | 観戦記 | トラックバック(0) | コメント(3)
05九州インターハイ鹿児島 その1


 後姿ですみません。了解を取ってないので、、、、。また背中のロゴを見せたかったので、工業高校女子初のインハイ団体出場校。
 がんばる姿が印象的でした。1回戦惜敗(3番勝負ファイナルで敗戦)。このチームもうすぐ千葉白子に登場します。

(鹿児島は暑かった)
 7月16日(土)我が家から高速3時間、鹿児島市南部の東開コートは到着朝9時はもう炎熱の中でした。途中で買った日焼け防止のスプレー化粧水を手足顔に塗りたくり,いざ、観戦するぞー。団体戦です。

(なつかしのコート)
 このコートは2002年の九州国体(地区予選)息子たちが、各県リーグで大乱戦、結果5勝2敗で優勝。その死闘ぶりに全員が感涙!したところ、ほとんど変わっていなくて、なつかしい鹿児島の指導者の方々の顔を見かけました。

(男女を行ったり来たり)
 屋根つき観覧席を真ん中に6面づつ、オムニのコートがあり、お目当てのチームが男女とも出ているので、行ったり来たり。まず女子、一番目に知人の子どもさん(2年前衛)が出場。さすがに最初固くなっていましたが、後衛のストロークがさえて、前衛も触るボールが決まるようになり、4-1で快勝。 これで1回戦勝てるかな、と判断。
 男子へ移動すると、なんと1番目の大将ペアが2-4で負け、2番目がやっている、これは難なく4-1で勝ち。3番勝負が激戦。太陽は高くなり、汗がだらだら。なんとなく応援もだれてきた感じで、私はポイントのたびに「ナイス○○!」と騒々しい団体戦で相手の応援席まで響く声で応援。(私声は響くと、選手や他人から言われます。)何とか勝ちました。
 大分県1位を食ったのです。
 大急ぎで、女子に行くと、ちょうど3番目がフアイナルゲーム中、前後がわからないので、見ていると敗戦!あーと言うため息。福岡2位に負けた瞬間でした。残念!
【2005/07/18 07:32】 | 観戦記 | トラックバック(0) | コメント(0)
アゴイ!の高校時代の物語 その1
 中学でそこそこの成績だった私は地元の高校に入学しました。ここは団体ではないものの、個人では毎年誰かがインハイに行くような高校でした。木造の校舎、講堂はあるものの、体育館もプールもない高校です。1965年4月の入学です。ジャスト40年前!!
 
 女子は特に強く、個人では県優勝を争うような先輩もいました。さて1年生として、男子のチームの4番手ぐらいにいきなり位置し、女子3年生のちょうどいい相手だったのか、よく女子から便利屋みたいに呼ばれ、試合をさせられたのが、入学まもなくでした。
 
 5月初旬、県北部の大会が行われ、私は4番手として出番なしと安心していたら、3番手後衛の突然の盲腸手術、その日の朝知らせられ、えーと言う感じで、ピンチヒッターの私はもう試合は無我夢中。
 確か決勝で1敗しただけで、団体優勝!3年に県ナンバー1と言われる先輩がいて、その人の言われるままに打ちまくりました。
 よかったなあ。なーんもプレッシャーなし、向かってゆくだけ。チームを機械に例えるなら、回転する歯車のひとつ、に徹しました。

 
【2005/07/14 18:33】 | アゴイの少年時代 | トラックバック(0) | コメント(0)
強力助っ人現る
 町のスポーツクラブも1週1回、なかなか体調を考えると無茶にやれないのですが、始まって5ヶ月、強力な助っ人現る、です。
 
 今年ジュニアから全国大会出場が出るのですが、その子らのいる小学校に赴任した管理職男性が、私、顔だけは知り合いでした。ソフトテニスをやるとは知らなかったのですが、突如コートにやってきました。
 
 オー大歓迎!田舎ではなんと言っても「人間」が珍しいのです。例によって5分乱打(私は5分以上はできない)をすると、剛球が飛んでくる。うまい、うまい!
「アゴイ!さんも打つなあ」とほめられました。
 持っているラケットがお互いに木製カワサキナンバーワン!?

 だんだん初心者コースもスマッシュの練習をするようになったのですが、私が上げボールをして、その人をモデルにスマッシュをさせると、みんなまねをして、きれいなフォームで打つ打つ!
 戦績を聞くと、もー昔のコツバイ、と言われなかったのですが、まだまだ成年で活
躍しそうでした。 

 いいですね。ジュニアにもアドバイスもらっていい刺激になるし、同年代の愛好者が来ると私がうれしい限りです。

 他地域の出身で2~3年の付き合いかもしれませんが、大事にお付き合いをしてゆきます。

【2005/07/10 06:40】 | ソフトテニス | トラックバック(0) | コメント(8)
アゴイ!奮闘中
bridge1



チヨコより

アゴイ!さんのパソコンが不調です。
届いたメールでブログ作成します。

*******************************

アゴイ!です。
ブリッジ熊本集会の準備の一環として、案内標識用の版が完成、
さっそく作ってみました。
何枚か送りましょうか?

デジタル時代にこの「穴ログ」そのものの手作り印刷ですが、
なかなか味がございます。


夜は1次会は「宮本食堂」(オークス通り)、
2次会は、「チャーリー永谷」(カントリーアンドウエスタン)の店と
予定していますが、下見が出来てません。
確定ではありません。
7/8に連れ合いと行く予定です。
情報収集中です。

あっと、ご注意を!字を青ラッカースプレーで作ったのですが、
濃い過ぎて黒っぽくなりました。空色で試してみます。
だいだい色が背景なので、そうなるのでしょうね。

白いものはだご石を白でペイントし、
そこにかわいい!?私の似顔絵(描いてくれたのは小4の女の子)
たまたまそばにあったので、、、。

ではまた。パソコン治りません。
HP(掲示板は読めます)やブログにアクセス出来ずにいます。

********************************

という状況です。
この掲示板、スゴイ!ですね~
またこの石の似顔絵、そっくりです(笑)

波平に、実はぴったりなのです(爆)
by チヨコ








【2005/07/08 21:31】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(5)
1本の大木あり
20050703183542.jpg

 我が家に1本の大木ありです。ぎんなんの木、別名銀杏の木、樹齢120年ぐらい。我が家に、と言うのは我が家の敷地に、と言う意味で、日本国と富士山の関係みたいなもので、富士山が日本人が住み始める、日本国が形成される前からあるものですから、ぎんなんの木も、私が育てたものではありません。法的には我が家の所有物ではありますが、美しい地球の財産と考えています。

 ぎんなんの後ろにログハウス。白壁の家は母屋、さらに右は車庫などの小屋、バスケットの手作りボードがのこっています。少し小さい木は栗の木。
 
 (ぎんなんの実について)
 あの果肉の臭いやつ、強烈ですね。その臭い果肉を除き、その核の部分、固いやつをさらに割って中の実を食べます。この木から約100キロ以上の実(製品化した状態で)が採れます。9月25日以降11月まで落ちますので、ご希望の方には差し上げます。
 (雌雄異株)
 いわゆるオスの木、メスの木があります。実がなるメスの木は、幼木の時はわかりません。メスの木の枝を挿し木にして育てれば、メスの木になるだろう、とはなりません。
 幼木から20年ないし、25年しないと、雌雄がわかりません。
 たぶん、仮説ですが、ハチやアリの世界と同じで、一番栄養のいいハチ、アリが女王に選ばれるように、20年、25年たった段階で、夜に人間が寝静まった頃、ぎんなん同士が会議を開き、決めるのだ、とまるで童話の世界ですが、そう考えられています。
 今、銀杏の葉から取れる、健康食品イソフラボンがもてはやされていますが、この葉を栽培している農家の人が、そう言っています。「会議して決めている。」と。
 ずらりと並んだ木の中から、一定の間隔でメスの木が出来るとか。すごいですね。種の保存の根性物語です。
 
 焼鳥屋などで、ぎんなんの実を焼いたのやら出てきたら、この話をしてつながれてください。これがほんとの、話の種。
 で、うちの木は、たぶん先祖が防火のため作った並木から、実がなる木だけを残して育てたののでしょう。だから1本ぽつんとあります。
 花粉は空中を飛んできます。杉花粉と同じで、人間の目には見えません。

 画像の前は広い駐車場兼子どもの遊び場です。ソフトテニスにはせまいのですが。お金が貯まったら整備した芝生広場を作りたいと思っています。そーだショートテニスなら出来るかも!

 ではまた。田舎生活一場面でした。
*小雨が続く中、本日中体連郡市大会、団体戦我が地元中学男女とも、敗退。ざんねーん!個人戦が明日に伸びました。

【2005/07/03 19:31】 | 刺激的な日常生活 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。